厳選した原材料をたっぷり詰め込みました

緑のサプリメント

野草酵素は古くから体に良いとされる野草や野菜、果物、海藻などをメインの発酵サプリメントです。しかも、品質に不安がないものだけを選んで、保管管理も厳重に行っていますので、原料の段階から質が落ちることはありません。これを大量に混ぜ合わせて発酵させています。この段階で生産性を重視すれば、発酵を早める人工的なものを入れた方が良いのですが、野草酵素はあえて何も加えず、自然の発酵だけで時間をかけて熟成されています。そのため、作るのに手間と時間はかかりますが、それでも原材料と作り方にはこだわりを持って高品質を維持しています。だからこそ、野草の持つ本来の力を最大限に実感できると人気なのです。

生きた酵素が体に届く

青汁

野草酵素の魅力は生きた酵素を体に届けられる点です。酵素は活発な状態で人間の体に入らないと、パワーを発揮してくれません。いくらコンスタントに摂取していても、動きの悪い酵素では効果は実感できません。酵素の働きに大きく関係するのが温度です。高い温度になると酵素は死滅、もしくは機能低下になってしまいます。そのため料理で加熱したり、サプリメントなどでも加熱処理されたりすると効果が激減してしまいます。通常、錠剤やカプセルにするときに加熱してしまうのでパワーは落ちます。しかし、野草酵素は発酵時にも熱は人工的には加えませんので、いきいきした酵素が生まれます。

水分と一緒に摂取がコツ

男女

どうせ野草酵素を使うなら、効果的に体に届けたいですよね。飲むときにちょっとしたコツがあります。野草酵素は薬ではないので、厳密に飲む時間帯や回数は決まっていません。ただ、目安として1日1カプセルから2カプセルが推奨されています。また、飲む際には水かぬるま湯が最適です。それもコップ1杯分くらいは飲むようにしましょう。カプセル1つにコップ1杯の水は多いように思えます。しかし、途中でカプセルが滞ってしまうと、せっかくの酵素が働く場所がなくなってしまいます。腸まできちんと届いて吸収されてこそ、体中に行きわたり働いてくれます。そのため、スムーズに流すためにも水分も一緒にたっぷりと摂りましょう。

広告募集中